その1 2度当選のマラソン大会


ついにこの日が来ました!
なんと「2度も当選した」思い入れのある大会ですからね。

朝6時半のマラソン臨時列車に乗り込み、会場の木更津に向かいます。
木更津まで、特急でわずか1時間10分!割と近いのですね。
でも申し訳ないですが、木更津は一度も行ったことがありませんでした。

Kisaradu

 


駅前にマスコットが出てマラソンを盛り上げています。
有名なたぬきの像らしいですが・・・。

駅からマラソン会場まで徒歩で20分くらい。
ちょっと遠いですが、参加する人は皆笑顔ですね。


さあ!いよいよスタートです。
スタート直前に撮った写真がこれ。

Start

 


もうやる気マンマンですね。
この写真で二つのことを説明しなければいけませんね。

まずこの特製「ハチマキ」!
見えますか?
このやる気のこもったハチマキの意味分かりますか?
千葉県と言えば、「森田健作知事」!
森田健作といえば、私の年代では「俺は男だ!」で有名なのですね。
あの頃、こういう「青春シリーズ」が流行りましたからね。

「こんな高校生活を送りたい!」
そう思って、皆の憧れだったのですね・・・。
でも、このハチマキのおかげで実に楽しいマラソンになりました。


もう一つ言いたいことは、後ろの「K」の文字。
これはスタートが「Kブロック」を意味します。
実は、ちばアクアラインマラソンでは、申告タイム順で
ABCとランナーの並ぶ位置が決められているのです。
「K」というと、11番目!、実はなんと「最後尾」なのです。
距離でいうとスタート地点から1キロ以上うしろから・・・。

一応申告タイムは4時間48分と過去の自己ベストを
正直に申告したのに、なんと、最後尾だったのです。
今年の東京マラソンでさえ、「Hブロック」の8番目ですからね。
かなりの格下げです。
「これはないだろう!」
思わず突っ込みたかったところなのですが、
どうもうこれが「ルール」だったみたいです。

大会本部の公式facebookによると、「二次抽選の当選者」は
3時間30分以内の「エリートランナー」を除き、
すべてこの最後尾の「K」ブロックなのですね。
ということは、私のような「亀ランナー」はともかく
サブフォーの方でも、二次当選だとこの「K」なのですね。

これは走る方にとってはかなりのストレスです。
速い人には正直かなりかわいそうな処置でしたね。
事実10時のスタートのピストルから、スタートラインを
超えたのは約20分後!

まさに団子も団子。
このKスタートが今回の最大のポイントだった訳なのです・・・。


(最初から言い訳がましい?)



その2 20分遅れのスタート


ピストルの合図から遅れること20分。10時20分スタート。
本当に最後の最後。後ろに数百人が残っているくらいですから、
14500番目くらいのスタートでしょうか?
大渋滞の理由が分かりました。
もうゲストが皆と「真面目に」握手しているのですね。

Start_koide


私としてはここで森田知事に会って、
ハチマキ見せて「俺は男だ!吉川君!!」
って叫びたかったのですけど、
もうすでにいなかったのですね。残念。
(右端の人ではなかった・・)
でも千葉さんに無理やり握手してもらって、笑顔のスタート!


木更津港を通ってしばらく市内を走ります。
ここで小中学生のものすごい応援。
この日登校日にしたということは聞いていましたが、
ハイタッチをして元気をもらいます。

ただここで気が付いたのですけど
今の小中学生に、40年前の人気ドラマなんか
知る訳ないのですね・・・。

「男!」とか「ハチマキガンバレ!」ばかり・・・。
だいたいこのハチマキの意味どころか、
そもそも「俺」が読めないのですね・・・。

「なんだよ。思ったほど森田知事は
子供に人気がないのか・・・」(内緒)
いっそのことドラえもんかピカチュウのカッコでもすれば
もっと子供にウケたか・・・。
まあ、このあたりはマラソンそのものを楽しんでいますね。

Tokuni_akua


4キロ地点の自衛隊駐屯地を抜けると、
応援の少ないアクアラインへ続く一本道。
橋を渡るとはるか遠くにアクアラインの海ほたるが見えました。

「あそこまで行くのか・・・」

でも風も心地よくて爽快です。
ここまでペースも1キロを6分20秒から30秒。
やや遅いのですけど、大混雑で前にも出られません。

Iyoiyo_akua


8キロ手前。ようやくアクアラインへ続く道へと
左折です。
でもこの写真でお分かりですね。
団子の団子の大渋滞。でも

「人類史上初めてアクアラインを走れるんだ!」
この昂揚感はなかったですね。

Akua_gate

 


アクアラインのゲートに向かうランナーは皆笑顔です。
分かりますか?
料金所を走って通ることは絶対ないわけですからね。
もう皆スキップでもしてるかのようです。


そのあと、この晴天のなか見たことのない「大パノラマ」が
ランナー達を待ちうけていました・・・。



その3 360度の大パノラマ




Akua_iriguti


アクアラインに入るとランナーの歓声です!
「人類初の海の上を走る」マラソンに誰でも笑顔。
雲一つない晴天で東京湾が遠くまで見渡せます。

Akua_migigawa

 


ここで反対側を見ると、もう折り返してきたランナーが
たくさん走っています。

「川内君と猫ひろしの走りをみたかったな・・・」

これはちょっと残念でしたね。
何とか彼らに間に合うかと思っていたのですけど
20分遅れのスタートでしたからね。
(実際はとっくに通過していたらしい・・・)

実は、今回写真が多いのも、ここで川内君を撮ろうと
思っていたからなのですね。
ここでお断りですが写真の撮り方も、
周りのランナーに迷惑にならないように
止まらずに頭の上でシャッターを切っています。

というのは、この辺りからスマホを撮るランナーが
急に増えだしたからなのですね。
しかもいきなり立ち止まったりして、かなり迷惑な・・・

Akua_kuro

 


ここで有名人に遭遇。
安田大サーカスのクロちゃんでした・・・。
このあたりは人気マラソンの楽しみ方ですね。
しかし、ちょっと彼はキツそうだったけど。
このあと完走したのでしょうか?


こうしてアクアラインを十分楽しんでいるうちに
10キロ通過。
タイムは1時間3分。

まあこれだけ楽しんで走っているのですから
仕方がないですか。
実際このペース以上に速く走るのは無理です。
この写真を見てください。

Akua_daikonnzatu

 


アクアラインの一番高い所(海抜40メートル)への坂
の箇所です。(12キロ地点の難所)

坂の上までぎっしり。まさにランナーだらけですね。
ちょうど、朝のラッシュ時間帯にホームを降りて
階段を上ったときの状況に似ています。
しかも、皆ゆっくり上っているのですから。
ランナー達も「360度のパノラマ」を
心から楽しんでいるかのようでした。

Umihotaru

 


登りきるともう眼下に「海ほたる」です。
ここも行って見たかったところです。
目の前に近づいてくると、また歓声があがります。
車を運転しながらの景色とはまるで違いましたね。


・・・実はこのあたりまでなのですね。
アクアラインをランナーが皆楽しんでいたのは・・・・。




その4 熱中症のランナー



海ほたるを折り返すと14キロ。
実は、このあたりからランナーの様子が変わってきました。
歩き出す人が異常に増えてきたのです。

「まだ3分の1しか走っていないのに、もう歩くのか!」

ちょっとこのあたりはまだ事態が分かっていなかったのですね。

「海ほたるまで来て満足してしまったのかな。」

くらいしか思わなかったのです。


それより15キロ地点のまた急坂を登り切ったあたりに
驚愕の事実が待っていました。

隣のレーンの12キロ地点に選手を収容するバスが
走っているのです!
これは慌てましたね。
最後尾スタートだったのを思い出しました。
9キロの関門で引っかかった人を乗せていたのでしょうか・・・。

Akua_tonari

 

 


右側のレーンはもう誰も走っていなくて
ボランティアが手持無沙汰で大勢突っ立ていました。

Akua_saigo

 


ようやくアクアライン終了。これで19キロ。
個人的には「人類初の海上マラソン」を堪能したところでしたが、
ここのエイドでようやく事態が分かってきました。
ランナーが皆水に殺到して、なんと最初のテーブルには
もう水がないのです!

アクアラインの10キロの長い距離で、
皆急性の「熱中症」にでもなったかのようです。
あの暑い中、日陰のない一本道を延々走れば、
初心者ランナーでは仕方がないところでしょうか・・・。


20キロ地点あたりから、本当に歩く人が増えだしました。
アクアラインでテンションが上がりすぎて
足を攣っている人もかなり多くいました。
私としてはちょうど一年前の10月21日の
あのタートルマラソンを思い出しました。こちら

しかし道の真ん中を歩く人、カップルで楽しげに歩いている人
揃いのTシャツで談笑しながら歩く人達・・・
アクアラインだけで満足して、もう完走をあきらめた人でしょうか。
道ををさえぎって歩かれると、本当に走りにくいのです。

「これはマラソン大会だろ!ウォーキング大会ではないぞ!」

そのあとこの「歩くランナー」にずっと悩まされました。
もちろん、歩くなとは言っていないのです。
歩くなら道の端を歩くなりして、走って抜いていく人のことも
考えてほしかったのですね。

この「迷惑なランナー」は最後のゴールまでずっと続きました・・・。





その5 感動のゴール!

 

Akua_half


ようやく中間地点到達。
グロス2時間48分!スタートロスの20分差し引いて2時間28分。
いつもならはハーフで2時間10分から20分なのですが・・・。
この地点で5時間切りも無理かと感じていました。
それどころか、のんびり走っていると関門にひっかりそう・・・。
これは思いもよらない事態です。

25キロ地点から35キロくらいまでの間が
一番キツカッったかなと思います。
千葉ののどかな風景を眺めながら
歩く人を縫うように、必死に走りました。

35キロの急坂。後半の難所です。
ここでも驚いたのは皆歩いているのですね。
その中ゆっくりですが頑張って走ります。


登りきるとパラダイスが待っていました。
千葉の特産品が食べ放題のエイド!
時間のことを忘れて、ヨーグルト、きゅうり、トマトなど
夢中でほうばります。ウマイ!

Akua_amazaki_2

 


この「甘酒」がうまかった・・・・。
ここで赤飯と凍らせたブルーベリーを楽しみにしていたのですけど
残念ながら、なかったみたいでした。


でもこれで元気百倍。
この熱狂的な応援にも感激してまた走り出します。

Akua_ouen

 

38キロ地点。ここも長い登り。最後の難所。
皆歩いている中必死に走ります・・・。

「マラソンは歩いてはいけないのだ・・・」

これは私の尊敬する村上春樹さんから教わりました。こちら

この最後の難所を登りきると、あとは下りだけ。
このあと楽しかったですね。
あと3キロ、あと2キロ・・・。
市役所のゴールが遠くに見えてきました・・・。


最後の交差点を曲がるとあと少し。
ここで聞き覚えのある声が聞こえてきました。
増田明美さんです。

ゴール直前のランナーに一生懸命声をかけているのです。

「俺は男だ!あと少しガンバレ!!」
もうこれを聞いて大感激です。

「俺は男だ!俺は男だ!俺は男だ!」

ゴール直前に、三回くらい連呼してくれました。
もうこれで疲れも吹っ飛び笑顔のゴール。

タイムは5時間21分35秒! 詳しくは こちら

なんと自己ワースト。制限時間まであと19分でだったのですね・・・。
ランキング8016位。ということは13500番スタートとして
5500人くらいは抜いたということですか・・・!?


タイムはどうあれ、アクアラインを十分堪能した一日でした。
あのすばらしい景色を見るためと、
増田明美さんにお礼を言うために来年も絶対出ますよ!

応援ありがとうございました。


(アクアラインの風シリーズ おしまい)

お問合せ
吉田信康税理士事務所
〒164-0001
東京都中野区中野3-34-31
大橋ビル4階
TEL:03(3382)8088
FAX:03(3382)8099
WEBでのお問合せ
 
 

2017年7月提携!!
NEW(赤)

社労士

「マイナンバー」
 掲載されました!!

プレジデント


平成27年4月より改正!

改訂版ふるさと納税

     

弥生会計なら自信あり
ぜひお任せください。
弥生で簡単
今月の弥生セミナー
弥生HPより



吉田の趣味のご紹介
囲碁の部屋

マラソンの部屋
またまた出ました!!NEW(赤)
月間ランナーズ
テニスの部屋


新サービスのご紹介
給与計算
相続税