やさしい税務会計ニュース
やさしい税務会計ニュース
文書作成日:2018/03/06
仮想通貨所得と住民税の確定申告

[相談]

 私は昨年、仮想通貨取引による雑所得が18万円発生しました。
 私の年間給与収入は500万円で、この給与から源泉徴収された所得税と復興特別所得税については、勤務先で年末調整を受けています(給与の支払いを受けているのは1ヶ所だけです)。昨年において、上記の雑所得と給与所得以外の所得はありませんでした。

 この場合、給与所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下であることから、私は昨年の所得について、所得税や住民税の確定申告を行う必要はないと考えてよいでしょうか。


[回答]

 ご相談の場合、所得税の確定申告は不要ですが、住民税については確定申告を行う必要があります。


[解説]

1.給与所得者の所得税確定申告不要制度

 所得税法上、各種の所得金額の合計額 (譲渡所得や山林所得を含む)から、所得控除(基礎控除、扶養控除など)を差し引き、その金額 (課税される所得金額)に所得税率を乗じて計算して算出した税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある人については、原則として所得税の確定申告を行わなければならないこととされています。

 しかし、給与の年間収入金額が2,000万円以下で、かつ、給与所得の所得税額が年末調整によって確定している人のうち、一定の要件を満たす人については所得税の確定申告は行わなくてもよいものとされています。その要件のうち主なものは、次のとおりです。

@1ヶ所から給与の支払いを受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人
A2ヶ所以上から給与の支払いを受けている人で、年末調整を受けなかった給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人

 ご相談の場合、給与の支払いを受けているのは1ヶ所のみで、その年間収入総額は2,000万円以下(500万円)であり、かつ、その給与所得の所得税について年末調整が行われています。さらに、給与所得以外の所得がある(仮想通貨取引による雑所得)ものの、その所得(雑所得)の金額が20万円以下であることから、所得税の確定申告を行う必要はないこととなります。

※なお、上記のような場合であっても、医療費控除や寄付金控除など、確定申告を行うことによってしか受けることができない各種控除を受けようとする場合などは、確定申告を行う必要がありますのでご注意ください。


2.所得税の確定申告不要制度と住民税の関係

 上記1.で述べた所得税の確定申告不要制度は、あくまでも所得税法上の制度です。
個人住民税(都道府県民税、市町村民税)に関する法律(地方税法)には、そのような確定申告不要制度は存在しません。このため、所得税で申告不要とした所得についても、住民税の申告は別途行わなければなりません。
 なぜ所得税法と地方税法とで取扱いが異なるのかについては、住民税課税所得や住民税額が各自治体において国民健康保険料(税)等の算出の基礎となっていること等が理由として考えられます。

 いずれにしても、住民税については、所得税で申告不要とした所得を含めたすべての所得について、正しく申告を行う必要があることにご留意ください。


 ご自身の所得についての確定申告要否など、確定申告に関する疑問は、ぜひ当事務所へご相談ください。


参考条文等:所法120、121、所令262の2、地方税法24、32など


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
吉田信康税理士事務所
〒164-0001
東京都中野区中野3-34-31
大橋ビル4階
TEL:03(3382)8088
FAX:03(3382)8099
WEBでのお問合せ
 
 

申告はどうする?NEW(赤)
東京マラソン寄付金控除

さあ!申告は?
ふるさと納税超簡単解説

平成27年4月より改正!
改訂版ふるさと納税


2017年7月提携!!


社労士



     

弥生会計なら自信あり
ぜひお任せください。
弥生で簡単
今月の弥生セミナー
弥生HPより



吉田の趣味のご紹介
囲碁の部屋

マラソンの部屋
またまた出ました!!NEW(赤)
月間ランナーズ
テニスの部屋


新サービスのご紹介
給与計算
相続税