その1 ヤフーの出店料無料の新戦術!



爆速経営


ネット業界を語るには外せない本をご紹介しましょう。
ご存知「yahoo」のお話です。
「ヤホー」ではありません。(すいません。ナイツのネタ・・・)


この本が出版されたのは、昨年11月。
本当はもともと10月の予定だったそうですが、
あえて1カ月延ばしたそうです。


というのは、10月7日にヤフーがネット業界を震撼させる
新施策を発表したからなのですね。


これは、ご存知の方も多いでしょう。
「ヤフーショッピング」と「ヤフオク!」の出店料を
無料と発表したのでしたね。


電子商取引(EC)事業は、これもご存知の通り、
日本では楽天とアマゾンの「二人勝ち」状況。


これに完全に「殴り込み」をかけたのです。
それを仕掛けたのは、ヤフーの新社長、宮坂学氏。
わずか44歳。


それまでヤフーの15年増収増益という金字塔を立てた
井上前社長からバトンを受けたばかりの方です。


どうしてそんな素晴らしい社長が交代したのか
この本に詳しく書いてあります。


ヤフーの会長である孫氏の決断力に感心しますが、
こういう英断ができることこそ、伸びる企業なのでしょう。


それは社内会議での「平社員」の発言、
「ヤフーはもったいない」の一言から。


ヤフーというのは、ポータルサイトの断トツ企業。
月間アクセス数536億ページビュー(2013年4〜6月)
2013年3月期の連結売上高3429億円!
営業利益がなんと1863億円!


実に売上の54%が利益という「超」高収益企業。


でも完全に「大企業病」にかかっていたのです。
それに気が付いた、孫会長は経営陣を一掃し、
若返らせました。


その後のまさに爆速経営!


「えっ!!そんなことまで?」本当に驚きます。


これを知っていないとネットでは
商売はできないのでしょう・・・。




その2 キープ・ヤング


この本を読んですぐ思い出した言葉、それは
「キープ・ヤング」
バブル華やかし頃、野村証券が数千億の利益を出していたあの時代、
30代で支店長になり、40代で取締役、50歳になるとほとんどが
関連会社へ転籍・・・
常に「キープ・ヤング」が言われていました。


その後証券不祥事もあって、「若い経営者だからダメなんだ!」と
「死語」になったのですね・・。
もう今なら「差別用語」かもしれませんし・・・・。


しかしネットビジネスは常に日進月歩、
まさに「ドッグ・イヤー」ですからね。


ヤフーの井上前社長は1597年生まれの50代後半。
「携帯電話は発信専用でいつもカバンに入れたまま。
ソーシャルサービスとかはどうも苦手で・・・。」
そうハッキリ書いてありましたね。


正直書くとそれではダメなのでしょうね。
「キープ・ヤング」でなければネット業界は無理なのでしょうね。


事実、ヤフーはスマホやSNS対応に完全に出遅れてしまったのですね。
これではiPadで急成長しているソフトバンクの孫社長には
耐えられなかったのでしょう。


しかも15年連続増収増益を成し遂げた「カリスマ経営者」と
どうも社員との溝がかなり深まってしまっていたようです。
やる気のある社員がヤフーを次々と去って行ってしまったからです。


バトンを渡された44歳の若い宮坂社長は
ヤフーを次々と「爆速で」変えていきます。


彼は実に良いことを言っています。


「組織を変えるということは、つまるところ、人のやる気と
向上心をどう引き出していくかにある。」


そのために、新経営陣を選びます。
相棒に選んだのは、川邊健太郎氏37歳。
その他若い経営陣を選抜します。


ここで参考にしたのは名著「ビジョナリー・カンパニー」の名言


「大事なのは誰をバスに乗せるかである」

なるほどと思いますね。なかなかこの社長読書家です。

「ヤフーは何のために存在するか」

を新経営陣で徹底して話し合います・・・。






その3 まさに「爆速経営」!



新経営陣が打ちだした戦略。

「オンリーワン」

「異業種最強タッグ」

「未踏領域への挑戦」


しかも、パソコンではなく、スマホやタブレットへのシフト戦略

「スマホ デバイスファースト」

すごいですね。
次々と提携先を短期間で増やしていきます。


アスクルへの330億円もの出資をわずか27日で実現します。
それ以外にも、


クックパッド 1か月
カカクコム 2か月
グリー 1か月
LINE 2か月


それぐらい短期間で次々と業界大手と提携していくのです。
このあたりがまさに「爆速経営」


この本の題名となった「爆速」のTシャツまで作ってしまいます。

Yahoot

 


経営者自身も爆速なら、それを全社員に徹底させます。
このあたり参考になるのでしょうね。
つまり、社員全員の評価体系まで変えてしまったのですね。


社員を評価する「バリュー」は4つ。


「課題を解決したか」

「やるべき業務にフォーカスしているか」

「既存の枠組みにとらわれない、ワイルドな判断をしているか」

「何よりも爆速で動いているか」


それらを直属の上司が毎週一回必ず30分のミーティングを
して評価するのだそうです。(ワン・オン・ワン・ミーティング)
当然ですが、それが報酬という形で評価されるのです。
会社全体が同じベクトルを向くのと同時に、皆やる気がでますね。


さらに同じ仕事は3年以上させないという
人材開発のためのルールまで作った・・・

ヤフーという会社はどうやら本物ですね。


最後にこれら経営改革のための教科書18冊が
この本の巻末に出ています。
この本を全部買って読むことは非常に有効なのでしょうね。
少なくともヤフーの経営幹部は皆読んでいるのでしょう。

しばらくヤフーに目が離せないですね。


(がんばれ 爆速経営シリーズ おしまい)

 

お問合せ
吉田信康税理士事務所
〒164-0001
東京都中野区中野3-34-31
大橋ビル4階
TEL:03(3382)8088
FAX:03(3382)8099
WEBでのお問合せ
 
 

2017年7月提携!!
NEW(赤)

社労士

「マイナンバー」
 掲載されました!!

プレジデント


平成27年4月より改正!

改訂版ふるさと納税

     

弥生会計なら自信あり
ぜひお任せください。
弥生で簡単
今月の弥生セミナー
弥生HPより



吉田の趣味のご紹介
囲碁の部屋

マラソンの部屋
またまた出ました!!NEW(赤)
月間ランナーズ
テニスの部屋


新サービスのご紹介
給与計算
相続税