月刊ランナーズ 2017年6月号



50p

 

 



またまたまた登場です。
4月22日発売「月刊ランナーズ6月号」のなんと
50ページから52ページにわたって3ページもの
「ブチヌキ」の記事ですね。

写真がすごいでしょ。
いつもの走友会のド派手ユニフォームにランナーズ製のブルーのランパン!
黄色のR&L製のゲーターとさらには黄色のアシックスシューズ。
得意の「信号機ファッション!」

編集者の方から、「できるだけ派手なものを」というリクエストに
お答えしてのセレクトです。
このファッションはランナーの間で流行るかもしれませんね・・・・!?


写真の場所分かりますか?
すぐ分かった方はなかなかのマラソン通です。

東京近郊のランナーなら必ず参加する「つくばマラソン」のスタート
地点ですね。

実はこの取材と撮影は筑波大学で行われたものなのですね。
ここはよくランニングの写真撮影にも使われる場所なんだそうです。

 

特集企画のタイトルはコレ。


50p_4

 

 


特別企画で月間200キロも走っていてなぜ4時間半を
切れないのか?という結構ダメだし企画!?


「大きなお世話だ!」


と言いたいところですが、知り合いの編集者から頼まれたのと
本人もどうしてそうなのか本当に知りたかったからお受けしたのですね。

 

モニターの吉田の紹介記事がコレ。


50p_5

 

 

 


もちろん、これすべて事実ですね。
毎回記録証までつけてブログでアップしていますから・・・。


つまり2015年以降どうして記録が伸び悩んでいるか
という記事なのですね。
フルと10キロの自己ベストが2015年、
ハーフの自己ベストが2014年ですからね。
それ以降さっぱり・・・・。


「まったく大きなお世話だ!」


と何度も言いたいところですが、やはりこういうランナーも
多いのではないでしょうか。
そういうダメランナーを代表して選ばれたのですね・・・。


まず何が恥ずかしいかというと、私の今までのフルマラソンの
全記録が載っているということ。


51p

 


コレです。
2011年1月館山若潮マラソンを走ってから、
合計21本もの全フルマラソンの記録ですね。
私もマラソン走りだしてから、ずっと月刊ランナーズを取り続けていますが
一選手のフルマラソンを全部公開した選手はいませんよ・・・。


すべて正直なネット記録です。
「やらせ」と言われないように、全記録を記録証から確認した
「リアル」記録です。
ブログ見てチェックされた方から文句言われると困るので、正
確には「国内全記録」ですね。
2014年12月にホノルルマラソンを走ったですからね。
こちら
 あの時は前月の捻挫の大けがからの復帰戦でしたので記録はよいでしょう。
興味ある方は今でもホノルルマラソンのオフィシャルページで見られます。
検索してください。こちら

 

最初の2年は試行錯誤でしたが、3年目の2013年位から
記録が伸び出していますね。
あの頃は走るたびに「自己ベスト」でブログを書くのが楽しかったですね。
ハーフで初めて「サブ・ツー」をやったのもこの頃。


さらに2014年1月の谷川真理ハーフ(現在のハイテクハーフ)で自己ベストを
出したのでしたね。
さらに記事にあったように、月刊ランナーズの企画「スピードで遊ぼう!」
という企画のおかげで、スピード走に取り組んだおかげでさらに記録更新。


2015年3月でさらに館山若潮マラソンで昨日書いたように
4時間30分55秒の自己ベスト更新。


ただもっと正直書くと2014年11月に捻挫しなかったら
間違いなく4時間半は切れていたと思うのですね。


その証拠に2015年3月の10キロで49分12秒の
自己ベスト更新。
「スピードで遊ぼう効果」
があったと思うのです。

 

筑波大学のマラソン学の権威である鍋倉教授と対談したのですが
私の過去の10キロとハーフのベスト記録から算定したものが
コレです。


50p

 


さすがマラソン学の権威ですね。
「持久係数」で算定したフルマラソンの想定タイム。
持久係数という言葉を初めて聞きました。

驚くべきことですが、
10キロを49分12秒で走れたら、「サブフォー」は
夢でなかったのですね。


ということは、もし2014年11月に捻挫しなかったら
きっと2015年の館山若潮マラソンは4時間半どころでなくて・・・・・!?


 

今年の東京マラソンのタイムが出ていますが
なんと5時間オーバー。

でもその前週にあった青梅マラソン(10キロ)では53分44秒だったのですね。
翌週のフルマラソンを控え軽めの調整でしたので
もっと突っ込めばもっとタイムは出たはずです。

この持久係数の方程式を使えば
10キロ53分44秒は秒にすると3224秒。
3224秒に4.8をかけると15475秒。これを時間にすると
4時間17分55秒
3224秒に4.9をかけると15797秒。これを時間にすると
4時間23分17秒

ということは
4時間17分から23分の4時間切りの自己ベストが出てもおかしくなかった
ということになります。
それがなぜ5時間越えをしたかを、キッチリ分析していただきました。


52p

 

 

ここでまた恥ずかしい表がでてしまいました。
東京マラソンから遡ること4か月前の水戸黄門漫遊マラソン。
これも何とか5時間切をしたキビシイレースでしたね。

しかしこの表見るとガッカリしますね。
最初は1キロラップ6分を守っていたのですが、
なんと10キロも持たなかった・・・。

25キロ以降は8分近くかかっています。
記事でまた恥ずかしいところ。
「これはどこか歩いたのですか?」

すいませんが、私は「絶対歩かないことを」モットーに
しているのですね。
今までのブログ全部読んでください。
歩いたことは一度もありません。

ではなぜこれだけ落ち込んだかというと
「オーバーペース」
だということ。

これはショックでしたね。
ハーフで2時間切る時は1キロラップは
6分かかっていませんからね。

今回の対談で一番勉強になったところはココです。
つまり、10キロとハーフ、そしてフルマラソンは
走り方が違うということ。

当たり前かもしれませんが、
今さらながら気づかされました・・・・。




52p

 


対談のお相手の鍋倉教授です。
かつてはフルマラソン2時間半で走ったアスリートです。

なぜ私が4時間半を切れないのかを詳細に解説していただきました。

 

内容は記事の通りなのですが、実は掲載されなかったところを
ご紹介しましょう。


写真よく見ると後ろに機械があります。
分かりにくいと思いますが
実はこれは巨大なランニングマシーンです。
スポーツクラブでは必ず置いてありますね。
そのかなり巨大なもの。
研究用に使われているのですね。


実はカットされた部分は、心拍数をつけ検査されたことですね。


1キロラップ7分程度のゆっくりペースから
次第にあげていきます。
その都度「どうですか?」と走っている状態を聞かれます。
1キロラップ6分30分くらいまで余裕です。

「全然大丈夫です。」

1キロラップ6分。大丈夫だったものの心拍数が上がっていきます。
5分半。5分と上げていきますが、これは正直キツイ。

実際のフルマラソンのペースを考えたらこれは無理でしょう。

つまり、10キロ、ハーフ、フルとやはりペースこそが
大事なのですね。
実際に心拍数は6分半くらいまでが上がらなかったみたいです。
この「気持ち良いペース」こそが大事なのですね。


ずばり「オーバーペース」と言われてしまいました・・・。
なぜそうなっていたかは、まさに記事の通りです。


「ハーフはキロ5分40秒で走ることができるのだから
フルなら6分では余裕で走れるだろう。」

そう信じ込んでいたからなのですね。


だからこそ、フルマラソン直前に6分の30キロ走を
3回もやったのですね・・・。

「4時間半をきるには平均6分23秒でよい」

そんなもんなのですね・・・。
これは非常に勉強になりました。


あと何よりもショックだったのは
「加齢による筋力低下」

この一言は応えました。

確かに2年前はランニングの途中で腹筋100回とか
取り入れたのですね・・・。

最近さぼり気味だったのを見事につかれてしまいました・・・。


いろいろ反省点が多い対談だったのですが、
いい意味で刺激になりました。
鍋倉先生本当にありがとうございました。
これから筋トレもはげみます。


このご恩は「つくばマラソンで4時間半を切って」
お返しさせていただきます・・・。
頑張ります!!


(ランナーズブチヌキ記事シリーズ おしまい)

 

99p_2


月刊ランナーズ6月号の「走る仲間のひろば」99ページに
私の初マラソンということで紹介されています。


99p1

99p2

99p3_4

 

 

「ランナーズ6月号」より  ご購入は こちら







月刊ランナーズ 2017年2月号


28


2017210

 

 

 



久々の登場ですね。
2017年2月号(12月22日発売号)にでました。

巻頭「シューズ選びは奥が深いから面白い!」という特集記事
にシューズテスターとして登場です。


6人選ばれたのですが、皆私より速いサブフォーの方ばかり。
しかも3時間ほどで走る方もいるくらいで、
「何で私が?」
という感じでしたが、まあ私のような「カメランナー」も
テスターとしては必要だったのでしょうね。
つまり、6人のランナーにそれぞれの足に合うシューズを
選定し、実際に履いてレースに出たらどうなったかを
試すという企画です。


実は11月初旬に「シューズ・フィッター」の藤原さんという方を
紹介され私に合うシューズを選定していただいたのですね。

Photo_2

 


シューズ・フィッターという池井戸潤さんの小説「陸王」ですね。
正直この小説のおかげで初めてシューズ・フィッターの存在を知りました。
実業団のエリートランナーだけのためにあるかと思っていたら、
一般の市民ランナーのためにもあるのですね。
それだけで驚きでした。


私の足と今まで履いてきたシューズを見るなり、

「こんな薄いシューズ履いていたら、ふくらはぎが痛くなるでしょ・・・」

そうズバリ言われてしまいました。
私の足は自慢ではないですが、日本人特有の幅広甲高です。


でも指摘されたのは、偏平足の反対の「アーチが高い」ということ。
そのため、薄いシューズを履いていたら足の裏全体に負担がかかり、
結局はふくらはぎやハムストリングスなどが攣ってしまうそうなのですね。

 


Photo

 

 

それでいただいたのがアシックスのこのシューズ。
かなり底が厚いシューズです。
正直「初心者用の厚底シューズ」と感じましたが、
確かに履いてみると、土踏まずが靴底にはっきりと当たり、
履いていて安定してきます。
しかも、重心が内側に乗り、いわゆる体幹が使える感じですね。


実はあの「つくばマラソン」もこれを履いていました。
よっぽどそれをアップしたかったのですが、発刊時まで口止めされていたのですね。


結果はアップしたとおり、まだこのシューズになじまなかったからでしょうか。
最近このシューズに慣れてきたので、なんだかより速く走れそうな気もしています・・・。

 

正直いままでのシューズは何だったのかそれを感じています。
確かに「シューズ選びは奥が深い」のですね・・・。


詳しくは こちら









月刊ランナーズ 2016年7月号

 


 

7_2

 

 

「今すぐできるランナー脳トレ」 7〜9ページ




市民ランナーの愛読紙である月刊ランナーズに
またまた出ました。
本当は早くアップしたかったのですが、
「発売日までは絶対ダメ」
と編集部から念を押されていたのですね。

5月22日発売の7月号に
「今すぐできるランナー脳トレ」
という特集に出ております。


実は先月、「脳トレをやるので協力して」と知り合いの編集部の方から
頼まれていたのですね。
「いいですけどどれくらい走るのですか?」
と聞いたら何と皇居6周の30キロ。


正直言って今まで皇居は3週(15キロ)が限度なのですね。
ぐるぐる回っていると飽きてしまうからです。
それと結構アップダウンがありますしね。
竹橋から半蔵門までは意外にキツイ上りなのです。


写真は参加したメンバー。
私の前にいる若い女性は、チームR2という月刊ランナーズの専属モデル。
私もかつては自称「月刊ランナーズの専属モデル」でしたからね!?
負けられません!

 

 


7_howto_4

 

 


脳トレとは何かというとこれを見てください。
まさに洗脳すること・・・。


写真の参加メンバーは13名。
脳トレ実験の内容はというと、この13名を2チームに分けます。
「ポジティブ・ラン派」と「ネガティブ・ラン派」
全員に心拍機能付きのGPS時計が支給されます。


私はというと、当然というか「ポジティブ・ラン派」
昨日アップしたようにポジティブな考えで走ります。
ただ記事には詳しく書いてなかったのですが、
「ポジティブ・ラン派」のメンバーにはあらかじめコンビにて
「ランの最中に飲んだり食べたりするために、好きなものを買ってよい」
との指令がありました。
これは面白かったのですね。私は何を買ったかというと
クレープバナナと「ノンアルコール・ビール」
でも、記事には何故かカットされていました・・・。


ランニング中に不謹慎にもノンアルコール・ビール。
考えただけでも楽しくなりますからね。これこそポジティブ・ラン。


あと気持ちは、指定されたようにできるだけ景色を
楽しみながら走りました。
皇居ランは本当に久しぶり。
新緑の中、椿がさいていたりして結構きれいでしたから。

 

Takahashi_2

 

 

 

それとこれも記事に書かれていたように
高橋尚子選手がシドニーオリンピックで金メダルを
獲得した時の駅像を頭に浮かべながら走ること。
「自分はまさに高橋尚子だ」と思って走るのですね。
これこそ「脳トレ」
楽しく走れます。これは私が保証します!

皇居2周(10キロ)くらいはあっという間でした。
本当に楽しい。エイドの度にビール(ノンアルですが・・)が
飲めると思うとそうなのです。
3周(15キロ)で半分。
これこそ「脳トレ」です。
「まだ半分」というより「もう半分」という気持ち・・・。


8

 


指示通りストレッチを入念にやります。
これも効果ありましたよ。
写真でこのストレッチ法が分かる方はかなりの「陸上通」です。
短距離の桐生選手も取り入れたことのある「骨ストレッチ」
ですからね・・・(このお話はいずれまた)

4周、5周となると若干疲れてきました。
でもここでまた「脳トレ」
「マラソンやっていて楽しかったことを思い出してください」

 

Photo

 


ここで、「キツイな」、「ツラいな」と思えば本当に苦しくなるのですね。
私はというと、ハワイのホノルルマラソンに家族で走ったことを
思いだしながら走りました。

これも効果ありましたね。
詳しい実験結果は雑誌をお読みください。
タイムは30キロで3時間12分。
途中のストレッチや検証測定のタイムを除いたら多分
楽々自己ベストだったはずです。
こんな楽しいランニングは初めてでした。

 

ポジティブ・ランというのは本当に楽しいですよ。
まあ、何だか生き方を教わったような気がしますね。

ネガティブに生きるよりポジティブに生きたほうが
人間幸せなような気がします。


皆様もポジティブに走りましょう!そして

ポジティブに生きましょう!


8

 

 


月刊ランナーズ2016年7月号は こちら
















月刊ランナーズ 2015年5月号



ランナーズ5月号61ページ(450)

キロ4分29秒の最速ラップにビックリ!
やっぱりレースは速く走れる!


調布テンケーマラソン 3月1日(日)東京都調布市


1月25日(日)の館山若潮マラソンで4時間30分55秒の
自己最高記録をマークした吉田信康さん(54歳)が、
3月1日(日)の調布テンケーマラソンに出場しました!

 


競走心が記録更新をアシスト


毎朝、善福寺川沿いで8qのジョギング(キロ6分程度)しています。
最近はその中の「1q」を2回、スピードアップしています。
タイムはキロ5分10秒〜4分50秒です。
雨天の中でスタートした「調布テンケーマラソン」の1q通過は4分29秒。
今まで見たことのない数字に目を疑いました。
そこでテンションが上がったのか、2qまでは4分33秒、3qまでは4分45秒、
4qまでは4分59秒! 
まさか自分がキロ4分台を維持できるとは思っていませんでした
(この時点で気分は最高潮!)。

さすがに4q以降はキロ5分台に落ちて脚も重く感じましたが、
ズルズル失速することはなく、ゴールタイムは49分12秒。
自己最高記録を1秒更新することができました
(予想以上の好タイムに嬉しい!)。
また、後半は前を走るランナーを勝手にライバルと位置付け、
「あの人は絶対抜いてやろう!」
という気持ちを抱き続けていました。
結局、抜くことはできなかったのですが、
その人の存在が記録更新につながったことは間違いありません。
「競走」というレースの根本的な魅力にも触れられた気がします。

税理士という仕事柄、2月は確定申告があるため忙しく、
満足な練習ができませんでした。しかし、10Kは「走行距離不足」を
「日々のスピードアップ」で補うことができる。
練習不足でも記録更新の喜びを味わるのが嬉しいです。

 


目的があればレースはさらに面白い


今日のレースは、調布飛行場の周辺を2回走る周回コース。
スタッフの方々は温かいけど、沿道に応援がいるわけでは決してない、
というのが正直なところです。
ただ、それでも
「どこまでスピードを上げられるか試してみよう!」
という目的があれば十分に楽しむことができる。
10Kはそれが大きな魅力だと再認識しました。
レース後は駅の近くのラーメン屋で時計を見返し、
「キロ4分台」のラップが連続で表示されると、
思わずひとりでにんまり。


(5)ランナーズ5月号61ページ(300)

(6)ランナーズ5月号61ページ(300)
(月刊ランナーズ 5月号より)


※ご購入は こちら (送料無料)
ただ今「喜んで」サインします・・・。










月刊ランナーズ 2014年9月号

Photo



今月22日に発売の「月刊ランナーズ」に
なんと写真付きで登場しました。
月刊ランナーズとは発刊部数27万部の
ランニング雑誌としては最大。


ランナーにとってはまさに「バイブル」?みたいなもの。


実は6月に取材を受け、もうアップしたくて仕方が
なかったのですが、「発売日まではダメ」と
釘を刺されていたのですね。


内容としては、「スピードで遊ぼう」という特集で、
私のような市民ランナーが4人選ばれ、
4か月間のトレーニングでフルマラソンが速くなるという企画。


これは責任重大ですね。
私の成果で、月刊ランナーズの売れ行きが落ちたら申し訳ないし!?



6月中旬、取材に先駆け、写真撮影が、私のホームコースで
行われたのです。


写真は青梅街道と環状7号線の交差する横断歩道のところ。
早朝6時にスポーツ写真専門のカメラマンに撮影してもらいました。


誰もいない横断歩道で、ダッシュを何度もやらされたのですね・・・。
ちょっと異様な光景だったでしょうか。


そのあと私のホームコースへ向かい、編集部の方といっしょに
ジョギングしました。


さすが月刊ランナーズですね。
編集部の課長さんは、なんと箱根駅伝の10区を走った方。
あの読売本社前のゴールに駆け込んでくる有名人と一緒に
走れたのは感激でした。


善福寺川沿いを走っていき、善福寺川緑地にて撮影会。
もうモデルになった気分ですね。


スポーツカメラマンというのはすごいですね。
走っている人を撮るには、自分でも一緒に走るのです。
しかも自転車に乗って・・・。
臨場感あふれる写真を撮るにはこんな努力をしていたのですね。


次号以降にこれら写真が載るかもしれないので
ぜひお楽しみに・・・。





 月刊ランナーズ 2014年10月号


10


全国の「月刊ランナーズ・ファン」の皆様、お待たせしました。
月刊ランナーズ10月号が発売されました。


告知したとおり、今月はバッチリ出ています。
15ページの大半を使っての「私のアップ」いかがでしょうか。


「スピードで遊ぼう!」という先月号から始まった企画。
その企画に合わせた写真ですね。


実にスピード感あるでしょ。
この写真どうやって撮ったかというと(これ内緒かな?)
私が走っている後ろから、カメラを持って自転車に乗った
カメラマンが追いかけて撮るのですね。
つまり、片手で自転車を操りながら、カメラを片手に持って
しかも「ローアングル」から撮っています。


これは絶対素人では撮れない写真でしょう。


あとこの写真の場所は善福寺川の「和田堀公園」のあるところ。
緑あふれた実にいいところでしょ。私のマイコース。


カメラマンの方も言っていましたが、
ランニング雑誌の表紙を撮ることもあるくらい、
よく写真撮影が行われる場所だそうです。

 

さて写真に「見とれていないで・・・?」今月のテーマ。


「1キロ疾走」なのです。
先月は200メートルダッシュを繰り返しましたが、
こんどはその5倍。


これは記事の感想にも書きましたが、
「前半スピードをあげると後半失速」するのですね。
ランニングウオッチを見ながら走りますが、
最初キロ4分30秒くらいのスピード上げると、
必ず後半は5分30秒まで落ちます。
5分くらいの一定のスピードを維持するのがカギですね。


なかなかきついです。
心拍数が一気に上がり、「まだか・・・」と思いながら走ります。
トレーニングには効果があるのでしょうね。

コーチいわく、

「ジョグ中にスピードを上げることで、より心肺機能に負荷がかかり
体内のグリコーゲンが減った状態でランニングが経験できる」

そうです・・・。




月刊ランナーズ 2014年11月号

11_2

 

 

毎回すいません。
しつこくアップさせていただきます・
11月号にまた掲載されています。


今月のテーマはなんと「5キロ走」!


前月までがわずか1キロ走だったので、何と5倍!
最初編集部の方から言われた時は、ビックリしましたね。
1キロ走でアップアップなのに5キロとは・・・。


そうなんですね。
1キロだけでも全力で走るのも、最初大変だったのですから、
先月号に掲載されたとおり、1キロを5分10秒〜40秒。
なかなか1キロ5分を切れませんでした。


あのペースで5キロは確かにきつそうですからね。


「今度のテーマは確かにキツイです。」
「実際に5キロ走をやってもらうために皇居を走ってください」


何度もアップしましたが、皇居ランは何度もやりましたからね。
本当に1周32分から35分くらいは良くありましたし、
せいぜい頑張って28分くらいだったでしょうか。


試しにいつもの8キロコースで5キロ全力で走ってみたら、
27分49秒。
でも不思議と5キロ走れたのですね。
キロ5分34秒ペース。


5キロ走第二回目に勢い込んで皇居に向かいます。
走ってみると、25分40秒。
これ本当なのです。月刊ランナーズに記載のとおり。


そのあとの記録もアップしましたが自己ベストの
24分54秒。ついに25分切り。


本当に記録は伸びるものなのですね。
月刊ランナーズバンザイ!!







月刊ランナーズ 2014年12月号


12_2

 

 

12月号本日発売です!
どうですか?
カッコいいでしょ。


これは9月28日に行われた川崎月例マラソンの
取材&撮影会の写真です。
タイムは驚異の50分ジャスト!
10キロですから5分ペースで見事走りきったのですね。


本当に「ヤラセ」ではないということを明らかにするために
川崎月例からランキング表も転載しておきます。
(当たり前ですが・・・)

Photo

 


写真はラスト1キロの最後のスパートの時です。
ラップタイムで1キロ4分46秒も出ていた時なのですね。
そんな高速で走っているときに撮られた写真ですから
すごいですね。
プロカメラマンの腕に感心します。


記事のとおり、
この連載は6月からスタートしたのですね。
(記事の連載は9月号から)
約4か月間本当に頑張りました。


振り返ってみたら
@ 200メートルダッシュ
A 1キロ走
B 5キロ走
C 10キロ走
と距離を伸ばしてきたのですね。


今振り返ってみたら最初の200メートルダッシュが
本当にキツかった・・・。
それまでダッシュなんかしたことなくて
のんびり走っていましたからね。
記事のとおり1キロ7分ペースくらい。
それはそれで楽しかったのですが、速く走るには
速く走る訓練が必要なのですね。


そんな当たり前のことを気が付かせてくれた連載でした。
見開きの写真で掲載されている方々が
一緒にトレーニングされた読者です。
30台1名と40台2名。


50台のオヤジランナーとしては正直「負けられない」
そんな気持ちもあったからこそ4か月間やれたのかも
しれませんね。


これからどれくらい記録が伸びていくか・・。
自分でも楽しみです。
たった4か月でこれだけ記録が伸びたのですから
あと6年やったら東京オリンピックだって・・・!??


月刊ランナーズのすべての読者のためにも頑張ります・・・。






月刊ランナーズ 2015年1月号



1_2

月刊ランナーズ1月号にまた掲載されました。
先月号までの4か月間読者モデルとして頑張ったのですが
好評につき、総集編という形で出ているのです。

名前、年齢、略歴まで出ていますから、
もう「全国区の有名人」ですかね!?
どうでしょうか?
カッコイイ写真ですね。
さすが、プロのスポーツカメラマンです。


「体重が3キロ落ちました!」と出ていますが、
ブログ読んでいる方にはお分かりのとおり、
「糖質制限」で10キロ痩せた私ですからね。
まあ特筆すべきは、
「体脂肪率が3%落ちた!」
ということなのですね。記事ですので、分かりやすく体重減が
強調されたのでしょう。

でもなぜ体重が落ちたかを運動生理学の研究者が
解説しているのですね。
スピードアップするとランニング「後」も脂肪燃焼するから
痩せるんだそうです。
それは知らなかったですね。
筋肉には「遅筋」と「速筋」の2種類あって
名前ののとおり、スピードを上げると「速筋」が使われるん
ですね。
そうなると、脂肪燃焼効果がより高いそうです。


本当にモニター4名の実話が出ていますが、
ほぼ全員がこの4か月間で痩せています。
役に立つと思いますので、ぜひ書店で・・・。


なお、これでモニター終わりかと思っていたら、
「好評なのであと4か月続けてください。」
と編集部の方に言われてしまいました。


また楽しめますね。
頑張りますよ〜。

お問合せ
吉田信康税理士事務所
〒164-0001
東京都中野区中野3-34-31
大橋ビル4階
TEL:03(3382)8088
FAX:03(3382)8099
WEBでのお問合せ
 
 

2017年7月提携!!
NEW(赤)

社労士

「マイナンバー」
 掲載されました!!

プレジデント


平成27年4月より改正!

改訂版ふるさと納税

     

弥生会計なら自信あり
ぜひお任せください。
弥生で簡単
今月の弥生セミナー
弥生HPより



吉田の趣味のご紹介
囲碁の部屋

マラソンの部屋
またまた出ました!!NEW(赤)
月間ランナーズ
テニスの部屋


新サービスのご紹介
給与計算
相続税